虫歯かも?代表的な歯の不調と応急対処法

虫歯かもしれない?自宅でできる応急処置とは

虫歯かもしれない?歯のトラブルと対処法

冷たい飲食物がしみる

冷えた飲み物やアイスなど、虫歯になると冷たいものがしみるという症状が見られます。
その場合の応急処置は、ぬるま湯で口をゆすぐことです。
普段の食事でも冷たいものは避けて、常温や温かい食べ物を選択するように意識しましょう。
口内を清潔に保つことが大切なので、特に虫歯になっているあたりは念入りに磨いてください。
歯を汚いままにしておくと、虫歯菌がさらに繁殖して症状が悪化してしまいます。

応急処置をするためには、どこの歯が痛むのか自分で確認しなければいけません。
鏡を見ながら虫歯を探すのも良い方法です。
虫歯になると変色したり歯に黒い穴が開いたりするので、よく見れば素人でもわかると思います。
口内に光を当てると、見やすくなります。

痛み止めを服用しよう

痛みを感じるというのも、虫歯の症状の1つです。
最初は噛み合わせた時に痛みを感じ、悪化すると何もしていない状態でも痛みます。
本来はその段階で歯医者に行くのが最も良い方法ですが、時間がなくて行けないかもしれません。
その際は痛みを緩和させるために、鎮痛剤を服用してください。
鎮痛剤は、ドラッグストアに売られているものでかまいません。

鎮痛剤を服用すれば一時的に症状は治まりますが、虫歯が治るわけではないので勘違いしないでください。
痛みを感じるぐらい悪化した虫歯は、歯医者で治療しないと治りません。
ずっと鎮痛剤でごまかしていると、どんどん悪化します。
悪化させないためにも空き時間を見つけて、歯医者に行ってください。
治療さえすれば、痛みが完全になくなります。

▲ ページトップへ戻る